1. 【衝撃】「モンスターのマスク」をかぶっていると思われるほど顔が腫れあがった少年・・・(画像8枚)

    Amare_Stover8top
    アメリカ・アラバマ州に住むアマレ・ストーバー(Amare Stover)くん(8)は、神経線維腫症I型(NF1)(レックリングハウゼン病)という遺伝性の病気によって顔が腫瘍でおおわれている。すでに左目は視力を失っており、手術を受けないと最終的にもう片方も見えなくなってしまうと医師は言う。彼は残酷ないじめによって「モンスター」と呼ばれているそう。「そのマスクどこで買ったの?」と言われたことも…。現在少しでも腫瘍を取り除くけるよう医師と相談しているそうです。